理想の仕事を求めて転職活動

働きながら転職活動を進めよう

転職活動を有利にする方法

働きながらの転職活動

転職を考えている人のほとんどは、現在も仕事をしています。生活の事を考えると、転職先が決まってから退職する方が有利に思えますが、仕事をしているとなかなか自分の条件にあう求人を探し出す事は難しいです。休憩時間にハローワークや求人情報誌のチェックをする方法では、忙しくて求人情報をチェックできない時に希望に合った求人を逃してしまう場合もあります。

転職活動を効率的にするには

自分で理想の求人を探すのは時間が必要で限度があります。時間の短縮と効率性を考えるのなら、転職サイトの担当者へ依頼する事をおすすめします。転職サイトは基本的に無料で活用する事ができ、希望条件などを伝えるだけでマッチングする求人をメールや電話で紹介してくれます。自分の希望条件をきちんと伝えているので、無駄な求人もなく、自分で探す手間が省けます。また、気になる求人が見つかった時の面接も調整してくれます。土日に面接をしてくれる会社もありますが、ほとんどが平日面接になります。平日に1日休みをとり、その日にまとめて面接が受けられるようしてくれるので、面接の度に仕事を休む必要はありません。

転職には履歴書が重要

転職する時に1番重要なのは履歴書です。他の応募者より目立つ履歴書を作る事が大事です。採用する会社には、数十通~数百通もの履歴書が届きます。それを毎日担当者が目を通すので、応募者全員の履歴を記憶する事はできません。履歴書のフォーマットは全て同じなので、書かれている内容も同じようになります。よく自己PRや志望動機をきちんと書く事が大事と言われていますが、それも内容が似た様なものになりがちです。
印象に残る履歴書にするためには、思い切って趣味の欄に力を注ぐ事を考えましょう。自己PRや志望動機がありきたりでも、趣味の欄に「釣り」と書いただけで採用された人がいます。面接官に釣り好きな人がいて、面接中ずっと釣りの話しをしていたので、面接官の印象に残り興味を持ってもらう事ができたのです。「芸は身を助ける」という言葉があるように、趣味や芸が自分を助ける事になる場合があります。「映画鑑賞」や「読書」が趣味の人は、ただ趣味の欄に「映画鑑賞」「読書」と書くのではなく、特定の監督の作品名や作家の名前を記入すると、面接官の中で共通の趣味をもった人がいるかもしれません。趣味の欄に自分の趣味を詳しく書いて思い切って自分をさらけ出す事も必要です。

人気のある記事はこちら!

ギャップを埋めるポイントを押さえよう
ギャップを埋めるポイントを押さえよう

理想と現実には必ずギャップがあり、特に仕事がそうです。ギャップが大きいほどやる気をなくしてしまいます。しかし、ギャップを埋めるポイントを押さえる事で理想に近づく事ができます。

なかなか思い通りに行かないのが現実…
理想を叶えるためには情報収集が大切
理想を叶えるためには情報収集が大切

毎日楽しく働ける理想の仕事を見つけるためには、自分が楽しいと思える事を知り、その楽しさを活かせる仕事を探す事が大切です。様々な仕事の情報を集め、自分が楽しいと思える仕事を探しましょう。

誰もが追い求める「理想の仕事」