理想の仕事と誰もが思う内容とは

みんなが思う理想の仕事とは?

本当に理想とするものって?

理想の仕事とはどんな仕事

もし「あなたの理想の仕事とはなんですか?」と聞かれたら、何と答えますか?叶うかどうかは別にすると、「アイドル」「役者」「スポーツ選手」など誰もが憧れる仕事を答える人が多いと思います。これらの仕事は、多くの人からの支持と名声をもらえる仕事ですが、これらの仕事は本当に理想の仕事なのでしょうか。実際の理想の仕事とは、あなた自身が興味を持ち、満足感を得る事ができる仕事であればどんな仕事でも理想の仕事になります。「アイドル」「役者」「スポーツ選手」に就いたとしても、仕事に興味が持てず、満足感を得られなかったら、それは理想の仕事にはなりません。他にも、仕事と生活のバランスが悪く、金銭面や時間などで少しでも「不自由」と感じれば、それは理想の仕事ではありません。
理想の仕事とは、簡単に言うと「お金が欲しい」「時間が欲しい」「満足感が欲しい」など自分の欲求を満たす仕事の事を言います。

アンケートから見る理想の仕事

理想の仕事を考えるとき、子供の頃に想い描いていた夢や、地位や名声のある仕事が思い浮かびます。しかし実際に理想と感じている仕事は違います。NHKで「日本の意識」として「理想の仕事」についてのアンケートがありました。これは5年ごとに行われており、アンケート方法は12個の選択肢から、1番目と2番目にそう思った項目を選ぶものです。2013年のアンケート結果では、理想の仕事と思われているのは「仲間と楽しく働ける仕事」が1番多く42.7%でした。2番目は「健康を損なう心配がない仕事」が32.7%で、3番目は「失業の心配がない仕事」が31.1%、「専門知識や特技が生かせる仕事」が29.2%でした。これらは、最初に行われた1973年の結果でも、1位「健康」2位「仲間」3位「専門」4位「失業」と、同じ条件が上位4つに入っています。また、「世の中のためになる仕事」の比率が近年増え続け、その代わりに「高い収入が得られる仕事」や「独立して人に気がねなくやれる仕事」などの比率はどんどん減ってきています。また、「責任者として采配が振るえる仕事」「世間からもてはやされる仕事」「働く時間が短い仕事」などは、過去の調査から一貫して比率が低く理想の仕事とは思われていない事になります。

理想の仕事への取り組み

NHKの調査結果から、理想の仕事として大事なのは、「安定志向の高まり」「お金だけではないという感覚」「人間関係重視の姿勢」が重要になります。これらの結果をふまえ、経営者側も人事施策を考えるときに、今までのように「収入」「責任」「名声」を動機づけとする成果主義制度ではなく、「専門」という部分で人材育成や「貢献」という部分で事業やその他の活動で社会貢献につながる取り組みを始めています。また「健康」は、メンタルヘルスや健康経営を心がけ、「仲間」ではインフォーマルなイベントや社員同士をつなぐ様々な取り組みがされています。
これらの事を会社が取り組む事で、従業員にとって「理想の仕事」が実現され、退職者や仕事が原因で体調を崩す人も減り、業績向上や生産性向上につながります。

人気のある記事はこちら!

ギャップを埋めるポイントを押さえよう
ギャップを埋めるポイントを押さえよう

理想と現実には必ずギャップがあり、特に仕事がそうです。ギャップが大きいほどやる気をなくしてしまいます。しかし、ギャップを埋めるポイントを押さえる事で理想に近づく事ができます。

なかなか思い通りに行かないのが現実…
理想を叶えるためには情報収集が大切
理想を叶えるためには情報収集が大切

毎日楽しく働ける理想の仕事を見つけるためには、自分が楽しいと思える事を知り、その楽しさを活かせる仕事を探す事が大切です。様々な仕事の情報を集め、自分が楽しいと思える仕事を探しましょう。

誰もが追い求める「理想の仕事」